information
ポプラ文庫ピュアフル、7月新刊発売!
小松エメル『一鬼夜行』、楡井亜木子『あなたを独りで、泣かせはしない』、松樹剛史『きみはジョッキー』の3タイトルが発売。担当編集者による本の紹介ページ有。こちらからどうぞ。
information
村山早紀さんのサイン会決定!
『コンビニたそがれ堂』シリーズ(ポプラ文庫ピュアフル)が好調な村山早紀さんのサイン会が、6月6日(日)14時より、メトロ書店本店(長崎市)にて開催されます。詳細はこちら
information
藤谷治さんの「チェロ盗難事件」は、無事に解決いたしま
した
青春音楽小説三部作『船に乗れ!』の著者・藤谷治さんが所有するチェロが盗まれた事件は、無事に解決いたしました。こちらから、藤谷さんからのご報告とお礼の言葉をご覧いただけます。
information
『活字倶楽部』で『浪華疾風伝 あかね』が紹介されました
『活字倶楽部』2010年春号の新刊コーナーにて、築山桂著『浪華疾風伝 あかね 壱  天下人の血』(ポプラ文庫ピュアフル)が、取り上げられました。「一気読み確実、ハラハラドキドキの青春時代小説。第二弾も絶賛発売中!」と紹介されました。
pick up
ジャイブ小説大賞、結果発表!
今年で7回目を迎えた、2009年度ジャイブ小説大賞の結果発表! 受賞者の喜びのコメントと、選考委員の選評を掲載しています。※本賞は来年度から、「ピュアフル小説賞」に新しく生まれ変わります。
information
ピュアフル文庫が、新しくなります
2005年に創刊しました〈ピュアフル文庫〉は、この11月より、発行・発売元をグループ会社のポプラ社へ移し、〈ポプラ文庫ピュアフル〉として再スタートいたします。今後とも、〈ピュアフル〉レーベルをどうぞよろしくお願いいたします!
information
『女性自身』で『オカメインコに雨坊主』が紹介されました
『女性自身』2月9日号の「『熱血書店員』が推薦するドキドキ文庫本」(評者:ブックファーストルミネ新宿1店・鈴木郁枝氏)に、芦原すなお著『オカメインコに雨坊主』(ポプラ文庫ピュアフル)が取り上げられました。「著者の言葉の選び方がとっても素敵」「登場人物たちとの会話の中に、ちょっとした“生きるヒント”があったりすんです。仕事が忙しいときに読んだら、明日もがんばろうという気持ちになりました」と紹介されました。
information
『文庫王国』で『マイナークラブハウスへようこそ!』が紹介されました
現在第3巻まで刊行されている好評シリーズの第1巻、木地雅映子著『マイナークラブハウスへようこそ!』が取り上げられました。
本の雑誌増刊『おすすめ文庫王国2009年度版』の「偏愛文庫」企画内にある「地味系(!?)部活小説/熱血だけが青春か!? 文化系部活ここにアリ」というコーナー(評者:藤田香織氏)で、「言わば『落ちこぼれ有閑倶楽部』的な設定で、それだけでもお楽しみ度は十分なのだけれど、作者は、あのYA界の伝説の書と言っても過言ではない『氷の海のガレオン』の著者。爽やかで口当たりのいい上っ面青春小説なんかじゃあり得ない。じわじわと、確実に胸をかき乱すのだ。素敵!」と紹介されました。
information
『船に乗れ!』が年間ベスト10に選ばれました
年末に向けて引き続き話題を集めている青春音楽小説三部作、藤谷治著『船に乗れ!』が、『本の雑誌』1月特大号の特集「本の雑誌が選ぶ2009年度ベスト10」で「エンターテインメントベスト10」(北上次郎選)の第4位に、『週刊現代』12/26・1/2合併号の特集「見た!読んだ!食べた! 2009年総決算」で「発表! 今年いちばん面白かった『小説』」の第7位に選ばれました。
information
『船に乗れ!』が『ダ・ヴィンチ』の「プラチナ本」に
大好評の青春音楽小説三部作、藤谷治著『船に乗れ!』が、『ダ・ヴィンチ』1月号の巻頭カラー企画「今月の 絶対はずさない! プラチナ本」に選ばれました。編集長以下、『ダ・ヴィンチ』編集部11人が個別に寸評を加える人気コーナー。数多の本が紹介されている同誌の中で年間12冊しか選ばれない、まさに「プラチナ」並みの価値のある作品だと認めていただきました。
information
『シティリビング』で『いつも通りの日々』が
紹介されました
『シティリビング』11月27日号の「今週の1作」で、早川司寿乃著『いつも通りの日々』(ポプラ文庫ピュアフル)が取り上げられました。「丁寧でやさしいタッチのイラストは、奥行きがあって、すてきな物語がひそんでいるよう」「ありえないけど、あるかもしれない。心温まる物語が詰まっています」と紹介されました。
information
『北海道新聞』で『青春音楽小説アンソロジー ぼくの歌が君に届きますように』が紹介されました
『北海道新聞』11月8日朝刊「ほん」面で、『青春音楽小説アンソロジー ぼくの歌が君に届きますように』(ポプラ社)が取り上げられました。「多彩な音楽と物語がページからあふれ出す」と紹介されました。
information
藤谷治さんのトークセッションが開催されます
藤谷治さんのトークセッションが開催されます
完結したばかりの青春音楽小説三部作『船に乗れ!』が大好評の作家・藤谷治さんが、批評家の仲俣暁生さんとトークセッションを開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。
information
『minor club house』シリーズが紹介されました
先頃、シリーズ第3巻『マイナークラブハウスは混線状態』が刊行された、木地雅映子著『minor club house』シリーズが取り上げられました。
『きらら』12月号「from BOOK SHOPS」内のコーナー「この小説家の作品は絶対に売りたい」(評者:リブロ港北東急SC店 藤原美紗子氏)で「野性的な不思議少女を主人公に、彼女の友人で『女の子の友だちができないタイプ』の美少女や、恐ろしいほど無口なのっぽの園芸少年などがにぎやかに登場し、キャラクター小説のようなキャッチーな口当たり。しかし一見楽しそうな彼らには、複雑な家庭環境や友人関係など、なにやら事情がありそうで……?」と紹介されました。
information
『船に乗れ!』が、引き続き各種メディアで紹介されてい
ます
読者待望の青春音楽小説三部作完結編――藤谷治著『船に乗れ! V 合奏協奏曲』の刊行にあわせ、またしてもさまざまなメディアで取り上げられています。
『ダ・ヴィンチ』12月号の「davinci pick up」で「章を追うごとに厚みを増していく物語世界、人生への深い問いかけ。第1部を刊行するや否や、書評家や読者から『続きが読みたい!』との声が続々寄せられたというのも納得できる」と、『朝日新聞』11月8日朝刊の「本よみうり堂」(評者:北上次郎氏)で「これは音楽家という特殊な人間を描いた小説なのではないということだ。ここにあるのは、私たちの人生だ」と紹介されました。
information
『ダ・ヴィンチ』で「ピュアフル文庫」が取り上げられました
『ダ・ヴィンチ』11月号の「オリジナル文庫が熱い!」という特集記事で、「4周年を迎えるピュアフル文庫編集長が語る」と題した記事が掲載されています。また、同特集の文庫紹介コーナー「理屈は不要! ただ純粋に楽しみたい!」で、前川麻子著『ブルーハーツ』が紹介されました。
information
草野たきさんの最新刊『反撃』、発売!
草野たきさんの最新刊『反撃』がポプラ社のteens’ best selectionsシリーズより刊行されました。本書はジャイブの「ピュアフル・アンソロジー」シリーズに収録された作品をまとめ、加筆修正した連作短編集。中学生の5人の少女たちを描いたあたたかく爽快なYA小説です。詳細はこちらからどうぞ。
information
『船に乗れ! U 独奏』が、
各紙誌で続々と紹介されています

藤谷治著『船に乗れ! U 独奏』が、『朝日新聞』9月6日朝刊の「マンスリー・ブックマーク」(評者:大崎梢氏)で「クラシックの知識がなくても、まったく苦にならない。美しいものは切なくて、ひたむきな思いほど、哀しいのだと気づかされる」と、『ダ・ヴィンチ』10月号の「絶対読んでトクする14冊 七人のブックウォッチャー」(評者:源双葉氏)で「三流音楽高校に通う津島サトルの恋や友情、歓喜や苦悩が涙がでるほどまぶしい! 青春の痛みさえもがいとおしい!」と紹介されました。
information
『読売新聞』で『コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状』が
紹介されました

『読売新聞』8月23日朝刊の読書面で、村山早紀著『コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状』(ピュアフル文庫)が取り上げられました。「ほのぼのとした筆致で、心の不安やたどりついた幸せを描く」と紹介されました。
information
『船に乗れ! U 独奏』が各紙誌で好評です
藤谷治著『船に乗れ! U 独奏』が、『読売新聞』7月18日朝刊の「本屋さんのオススメBook Review」(評者:有隣堂藤沢店・二見太二氏)で「思春期ならではの過ちや苦悩が描かれている」と、『日刊ゲンダイ』7月24日の「北上次郎のこれが面白極上本だ!」で「音楽を楽しみ、悩み、つまり特別ではけっしてなく、普通に生きる少年の日々が現出する」と、『SPA!』8月4日号の「文化堂本舗」(評者:吉田大助氏)で「深い深い悲しみに触れる経験をプレゼントする。これぞ『王道』の文学だ」と紹介されました。
information
『活字倶楽部』に木地雅映子さんのロングインタビュー掲載
『活字倶楽部』2009夏号の「話題の作家スペシャル」に、木地雅映子さんが取り上げられました。ピュアフル文庫『氷の海のガレオン/オルタ』『マイナークラブハウスへようこそ!』『マイナークラブハウスの森林生活』や単行本『悦楽の園』についてなど、自らの口で大いに語ったロングインタビュー(史上初!)など、ファン必見、ボリューム満点の特集です。
information
『心にひびく、恋愛小説』特集ページ開設!
恋愛に関する小説がそろった、ピュアフル文庫の7月新刊。そこで、初夏に読みたくなるような『心にひびく、恋愛小説』を紹介するページを開設しました。あなたの気持ちにあう、特別な1冊をぜひ見つけてください。
information
『本の雑誌』で『船に乗れ!U 独奏』が紹介されました
藤谷治著『船に乗れ! U 独奏』が、7月発売『本の雑誌』8月号の「新刊めったくたガイド」(評者:北上次郎さん)で、「いまもっとも良質な青春小説といっていい」と紹介されました。
information
『船に乗れ!』第2部発売&第3部連載スタート
第1部刊行時、『本の雑誌』で北上次郎氏に、『中日新聞』で豊ア由美氏に紹介されるなど、各紙誌に注目された藤谷治著の青春音楽小説『船に乗れ!』。その完結編となる第3部『船に乗れ! V 合奏協奏曲』が、7月16日、ついに連載スタートです。連載に先駆け、第2部『船に乗れ! U 独奏』が、7月6日に発売されます。
information
『夏の階段』特集ページ開設!
梨屋アリエ著『夏の階段』の特集ページを開設しました。書店員さんなどから寄せられたコメント、著者メッセージなど、読みどころ満載です。
information
青山BCにて「江國香織×金原瑞人 特別対談」開催!
5/19(火)青山ブックセンターにて、『金原瑞人YAセレクション』プレゼンツと題し、江國香織さんと金原瑞人さんによる特別対談を開催! くわしくは、こちらから。
information
『活字倶楽部』でピュアフル文庫が紹介されました
ピュアフル文庫の木地雅映子著『マイナークラブハウスへようこそ!』『マイナークラブハウスの森林生活』が、『活字倶楽部』2009春号の「話題の新刊」で紹介されました。
pick up
「Webマガジン ブンゲイ・ピュアフル」創刊しました!!
ピュアフル文庫編集部が毎週更新で読み物をお届けする「Webマガジン ブンゲイ・ピュアフル」が、創刊しました。毎週なにか新しいものが見つかるはずです。ぜひ、ご愛読ください。
pick up

「Webマガジン ブンゲイ・ピュアフル」創刊特設ページ
ジャイブ小説大賞の新旧選考委員のみなさまと、連載がスタートする川西蘭さん、若合春侑さんより、創刊にあたってのコメントをいただきました!

information
「ブンゲイ・ピュアフル」のメールマガジン、登録スタート
無料で会員になることができます(登録はこちらから)。会員には、最新刊やプレゼントなどの情報をいちはやくメールマガジンでお知らせします。
present
「Webマガジン ブンゲイ・ピュアフル」創刊記念プレゼント
「ブンゲイ・ピュアフル」の創刊を記念して、メールマガジンにご登録いただいた方の中から抽選で30名様に、オリジナルグッズをプレゼント! いますぐご登録ください。